読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

thinking of …:blog

Consideration of an office worker living in Tokyo

書芸 | SOGEN教室 4月

書芸
f:id:shimizunomukai:20160518061142j:plain
↑苗字の篆刻です。
 

人生の中で仕事と同じだけの期間続けている趣味が幾つかあり、そのうちの一つが書だ。現在は書芸家の平野壮弦先生の教室に通っている。教室の様子はSOGEN先生のブログに詳しい。

個人ブログなのでここでは自作の紹介を中心に行う。今回のお題は篆刻の落款。書き上げた書に押す印鑑だ。落款は幾つか持っているものの、自分で彫ったものは一つのみで、あとはプロに彫ってもらったものだ。なので今回自分で彫れるとあって、楽しみにしていた。今回の講師が篆刻家高橋竜哉先生だ。

ただ一講座2時間なのであっという間だ。なんとか2つ完成させることができた。そのうちの一つをアップする。春秋時代篆刻を元にアレンジしたものだ。篆刻フォントそのままのものはいくつか頼んで作ってもらっているので、やはり自分で彫った印が欲しいのだ。
写真は苗字をアレンジして、半紙サイズぐらいの書に押せるものを図案にした。
 
幼少時は習字の習い事であったものが、社会人になると実用的な書き文字だったり、ちょっとデザインしたものだったりと、幅が広がってきた。実はこの教室以外にも楷書行書中心の教室にも通ったりしていたので、文字の世界も広いなと感じる。
月に1回だけれど、すごくいいリセットになってる。