読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

thinking of …:blog

Consideration of an office worker living in Tokyo

久しぶりに箱根湯本の温泉でちょい休め

2015年の春先に来て以来だ。仕事では年2~3回は来ているのだが、現地でのミーティングを終えると後ろ髪引かれながら帰宅する他なかった。しかーし。思い切って宿をとってみた。

前日に旅行サイトをのぞいたのだが駅近隣は空きはないし、箱根ってすごく宿代が張るのだと改めて実感。悩んだ末に奥湯本の外れのホテルに、その名もホテルおくゆもと。いわゆる温泉旅館ホテルです。日本の観光業界の斜陽の時代が長かったせいで、どこも設備投資が厳しい。時折倒産したホテルなんかを見ると大変なんだな、と。だからいきなり外人が来ても厳しい経費と高い宿泊費のバランスで辛口コメントもちらほらだ。もちろん概ねOK評価だし、高評価も多いが。。それにしてめ早咲きの河津桜が綺麗でした。

f:id:shimizunomukai:20170219122906j:image

と、今回は現地での打ち合わせ後、ホテルにチェックイン。

手持ちの現金が数千円だったので箱根湯本駅まで戻ってコンビニで買い出し。せっかくなので、戻りがてら日帰り温泉でものぞいていくかとググったら、あらま、2015年に立ち寄った日帰り温泉が今日のホテルのお隣というオチでした。

でもってタクってその日帰り温泉「天山湯治郷」へ、そうそうこの玄関。こちらは他にも別棟があり、そちらの方が眺めがいいです。

f:id:shimizunomukai:20170219122854j:image

しかも今日のホテルは予約以外のレストランが営業していないとのこと、旅行サイトにクレーム入れたくなって来たところをぐっと我慢して、お隣の日帰り温泉のレストランで温泉&食事をとってホテルへと戻りました。

f:id:shimizunomukai:20170219123016j:image

f:id:shimizunomukai:20170219123021j:image

f:id:shimizunomukai:20170219123040j:image 

ホテルに関しては残念ながら写真を撮るような感じでなかったので場所情報のみ載せておきます。 

 まずは宿の隣の日帰り温泉「天山湯治郷」、

 

今回の宿「ホテルおくゆもと」

www.okuyumoto.co.jp