読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

thinking of …:blog

Consideration of an office worker living in Tokyo

京橋のエドグランの内覧会にお邪魔してシェアリングワークプレイスについて考える

街歩き 建築

京橋のエドグランが11月25日にオープンした。

2001年から始まった再開発案件なのだが、内覧する機会を得て見てきた。

f:id:shimizunomukai:20161127161830j:plain

f:id:shimizunomukai:20161127161846j:plain

上階がオフィスで下層階が商業。いろんな意味で最新のトレンドで出来上がっているビルだ。上階のオフィスはできるだけ大空間にした今風の作りだ。立地も京橋駅直結で、東京駅も徒歩圏という抜群さ。

オフィスも大空間で使いやすさを重視した「実」をとった設計。商業も多すぎず少なすぎずで小気味良い。

では何が特徴なのかといえば中間階にあるカフェ併設のワークプレイスだ。国の事業としても推進が決まっている企画なので、新企画というには微妙だが、向かう先は十分に未来を見据えている。

最近増えてきているシェアリングワークスペースとなっているのだ。

今後も増えていくと思うので、ビジネスマンには要注目の施設だ。

 

で、どんな施設かといえば、会社さえ認めれば仕事をここでやっても良いですよ、という契約が可能になった場合にさまざまなことが可能になる。

例えば、午前中は両親を病院に送って近場のシェアプレイスで仕事、午後から出社して普段通りに仕事 

例えば、朝から大雪で明らかに電車が遅れているので、昼までシェアプレイスで仕事

といった具合だ。

今まではフレックスタイムはあっても、仕事場所は喫茶店や図書館で席の奪い合い。なんてこともあったのだが、初めから契約や予約で使うことができる。

拝見したシェアプレイスの運用方法はまだ公開されていないが、ここでセミナーを開いたり、社外ミーティングしたりと可能性が広がる設計になっていた。

とまあ、よりフレックスタイム+フレックスプレイスな時代に差し掛かっている。

今後間違いなくどんどん増えていくスペースなのだ。

おそらくはスタートは大企業からになるが、どんどん利用者は拡大していくことになるだろう。ネットによる管理がそれを可能にしている。

まあ、IT系企業がそのものを地でいってるんだけど。。。それが他の業種にも広がるのが特徴だ。

f:id:shimizunomukai:20161127161910j:plain

f:id:shimizunomukai:20161127161914j:plain

お近くにお寄りの際には立ち寄ってみてはいかがだろうか。空間を贅沢にゆるく使っているので落ち着いてティータイムできること請け合いです。