読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

thinking of …:blog

Consideration of an office worker living in Tokyo

品川インターシティーで人なつこい雀に出会う

街歩き

品川インターシティーのカフェの外で2時間ドラマのプロッット分析をしていた。

唐突にプロット分析といっても?だと思うので噛み砕くと、テレビドラマや映画などの脚本になる前の「筋書き」のことだ。それをプロットというのだが、最近の筋書きはほぼ詳細まで書かれていて、いきなり脚本の準備稿に取りかかれるように書き込まれている。通常は大筋、中筋、詳細(往年の言い方だと、大箱、中箱、小箱)と段階を踏みながら進めるのが常だったらしいのだが、最近の傾向として作り込みのスピードが昔とは雲泥の違いで、いきなり作り込まれた筋書きがプロデューサーに集まり、首尾よく決まると一気にドラマ作りの工程に進むらしい。

 

脚本そのものは趣味として5年ほど前に通信教育でシナリオセンターの講座をとっていたのだ。しかし東北震災の一件から一旦ストップしていた、というよりも止めていた。でもどうしても復活したくて、どんな感じで始めようか、というつもりで資料を漁りながらストーリーに入り込む練習をしていたのだ。

 

で、やっと本題なんだけれど、品川インターシティーの中庭って結構立派な人工林になっていて、気持ちがいいので時々来ていたのだ。そこで火曜サスペンス劇場の「女優」のプロットを眺めならが筋をつかむべくPCと向き合っていたのだ。そこで突然あわわれたのが写真の雀だ。

 

f:id:shimizunomukai:20161120190855j:plain

ところがだ。この雀。ちょっと近すぎるのだ。人懐っこいにもほどがある。私と目があっても動かない。もちろん私から雀にちょっかい出すまでもなく、じっと見返すのみなので、その気配を感じ取っているとしたらすごいなこの雀。と思っていたのだが、すぐに考えを改めた。おそらくこの席は餌をくれるお馴染みさんがいつも座っているので、慣れてしまっているに違いない。と思いなおした。でも、日本てすごいね。こんな感じで近ずいても、マジで危害を加えようとする人間が本当に少ないのだろうということだ。人が違えば絶対に危ない距離まで近づいてきている。

 

まあ、雀にあなたは安心できる人だと言われた気分がして、ほんわかした気分になった。一羽の雀とのコミュニケーションでこんなにもいい気分になるなんて、コミュニケーション恐るべしだ。

 

また行ってみようと思う。今度はパン屑でも持っていってみようか、と思う今日この頃です。