読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

thinking of …:blog

Consideration of an office worker living in Tokyo

東京アートフェアのレセプションにお邪魔してついでにパーティーも覗かせてもらう

アートそのものは好きなのだが、最近ちょっとご無沙汰。一番直近でも昨年の若冲展からは縁遠くなっていました。

今回は書の先生が絡んでいるということでオープニングのインビテーションをいただきました。ラッキー、ということでそそくさと会場に。

 

空気感の違いははっきりしていた。

まず、誰でも入ることはできない。オープニングは画廊やギャラリーの人脈から、関係者にだけ配られるインビテーションからしてそうなのだが、会期中も2500円の会費が必要だ。結構なハードルだ。美術品の価値が分からない入場者をフィルタリングしている。

そして顧客も大きくカテゴリーできる。

①主催者側のギャラリーオーナー、とその顧客関連

②報道関係

③1に関連して声かけされた人々←私たちがここ

てな具合。

特に①の顧客関連のオーラが違う。普通に触れる距離で1000万クラスのアートが並んでいて、普通に買うかどうか吟味している人たちだ。

余裕が違う。

生業はそれぞれなのだが、サラリーマンは基本的にカテゴリーから外れてしまうのだ。給料だけで成立するラインを軽く超えてしまう。

 f:id:shimizunomukai:20170318085303j:image

f:id:shimizunomukai:20170318085708j:image

 

 いやはや、なかなか経験できない貴重な時間をいただきました。

 で、ついでにオープニングパーティーにもお邪魔しました。

パーティー会場

f:id:shimizunomukai:20170318085352j:image

 パークホテルは初めてなんだけど。東京初のデザインホテルということなんだけど、開業が2003年なので若干くたびれているのはご愛嬌だ。確かに2003年はまだまだデザインホテルといえるものはすぐに思いつかない。デザインホテルズ加盟のホテルだ。10層吹き抜けのアトリウムなどが目を引くのだが、今では珍しくないが、2003年だと考えるとインパクトは大きかっったと想像する。f:id:shimizunomukai:20170318085404j:image

 ちょっと人が多かったので、やはりパーティーの運営は難しい。絞り過ぎても寂しいし。

f:id:shimizunomukai:20170318085441j:image

 ビーナスのアートが中心にあり、ゲストのコシノジュンコバーチャルリアリティの3Dブラシでコンピュータ場でビーナスに3Dの絵付けをするパフォーマンスもありました。まだまだぎこちないけれど、出始めの頃に比べたら格段に進化していました。コンピュータの処理能力次第のところがあるので、パソコンできることはまだまだ進化しそうな予感。f:id:shimizunomukai:20170318085503j:image

 ステージが見えないので、画面で確認。f:id:shimizunomukai:20170318085522j:image

普段覗けないパーティーを拝見できて社会勉強させていただいた感じです。

もちろん絵は買っていません。大好きな書家の作品もありましたがA3程度の大きさで軽く100万円前後。途中からは価格も見ることはなくなりました。

 

東京アートフロウ会場はこちらです

オープニングパーティーはこちらでした

大塚のtamayaでコスパ最高のワイン飲み

いや、最高。コスパ高っ!

書の教室の帰り道。先生の紹介で立ち寄ったのがここ、大塚のtamayaだ。

4人で飲んで食って。ワイン2本とスパークリング1本で2万いかないなんて、、、幸せだ。リーズナブルでうまいワインを厳選し、うまいしボリューミーなおつまみでガンガン飲む。

このサラダハーフなのに、、、フルだとでっかいボールにドーンです。

f:id:shimizunomukai:20170314004809j:image

大山鶏のパリパリ焼きも、、、うまいんだ、これが。

f:id:shimizunomukai:20170314004843j:image

 

このしらすと青唐辛子のビザ。塩味と辛味って合うんだなー。

f:id:shimizunomukai:20170314004852j:image

 

近くにあったらやばいお店だ。

間違いなくまた寄ることになるともう今日この頃です。

f:id:shimizunomukai:20170314004801j:image

 

 結構駅にも近いんです。

久しぶりのニューボトルを池袋の馴染みのバーで

久しぶりだ。。

池袋の馴染みのクエルクスバーでボトルの入れ替えを楽しんでいる。前回はイチローモルトのグラバーというボトラーズものだったが、今回はオフィシャルとボトラーズで悩んでみようか。

 

先月ボトルを飲み干してから、今度は何にしようか考えていた。そして今回バーのマスターにノミネートしてもらったのがこれだ

 左から、スプリングバンク16年、アードベックシェリーカスク・ダークコーヴ、アードベック・ダンベーガン15年。最初の2本はオフィシャルでダンベーガンがボトラーズ。

f:id:shimizunomukai:20170313124734j:image

 いや最初から迷ってしまう。

悩む時間稼ぎにベーコンステーキをいただくことにした。デカダンスここに極まる、ってかんじだ。健康じゃないとこの退廃は味わえない。

f:id:shimizunomukai:20170313124835j:image

 

でもって、選んだのがこれ。ダークコーヴです。ダークシェリーのカスクで加水調整済みとのことですが、アルコールは46.5%としっかりしてます。もともとシェリーカスクは好みなんだけれど、いいね〜これ。

黒砂糖のような深みのあるほんのりとした甘みがアードベックの風味と融合して、不思議な味わいに。ゆっくりちびちび行くにはもってこいですね。

ネット直販なら2万円大ですが、バーでボトルを入れる場合は4万弱といったところでしょうか。今度は仲間にがばがばのまれないように注意しよ〜っと。

f:id:shimizunomukai:20170313124746j:image

 

 っと、ついでにお願いしてローズバンクをいただきました。もう絶版なので出回っているだけで終了のモルトなのですが。

うま〜い!!!

これがもう飲めなくなるかと思うと切なくてたまりません。さいごのいってきまで舐め干して今夜は終了としました。

f:id:shimizunomukai:20170313124802j:image

 

池袋でもすでに老舗の仲間入りしているモルトバーです。

常連ばかりですがすぐになれます。。

 

余談ですが、クエルクスバー手前の、もるとや、はクエルクスのマスターが修行した老舗です。

 

 

目白[なるたけ]で産直素材のランチをいただく

書の教室で目白に来ることが多いのでお昼でも、と、近くに住む友人に勧められこちらに伺った。

店に入ってデジャブが、、そういえば、一年ほど前にも来たことがあったのを思い出す。でもって、こちらは魚が美味しいことも多い出した。

てな訳で、頼んだのがこちら。 f:id:shimizunomukai:20170305024019j:image

手作り無添加のお店なので、お刺身以外のメニューも美味です。

 

 

 

f:id:shimizunomukai:20170305024040j:image

青山壱番館でサイフォンコーヒーをいただく

f:id:shimizunomukai:20170228101220j:image

昔ながらの喫茶店。

雰囲気はコロラド、といった趣だ。

いただいたのは炭焼コーヒー。

 

やっぱりサイフォンのスッキリ感は、モーニングにぴったりだ。特に飲んだ次の朝は、、

 

以前ならエスプレッソダブルをあおっていたのに。最近はちょっとキツイ。

 

近くに来たらまたまた寄ろう、、

f:id:shimizunomukai:20170228101731j:image

 

 グーグルのリンクです。

 https://g.co/kgs/HTgNze

たまプラーザでスタバの新店舗に行ってみたら高級チャンネルだった

確か以前ここにはベーグル屋さんがあったと記憶している。

なので、スタバを見つけて気にとまったのだが、店舗デザインが違うので、物見遊山で入ってみた。

で、頼んだのがこれだ、

 f:id:shimizunomukai:20170225114001j:image

まず、値段でびっくり。確か750円だったと記憶している。トールサイズ、ワンサイズで、ボリュームもある。

仕事で歩き疲れた後の一休みにはぴったりだ。

程よい酸味も好みなのだが、スタバにしてはちょっと意外だ。

 

なにせスタバの焙煎は、こげるギリギリまで煎るので、全店禁煙なのも頷ける。

ここまで水分飛ばせば、下手な乾燥剤よりも給水する。タバコの臭いと一緒に。

 

酸味好きの場合、北米チェーンならタリーズを選択することになるのだけれど。それでも結構な煎り具合だ。しかし、タリーズは空間を分けてタバコオーケーにしている。以前は小生も喫煙者だったが、すでに禁煙3年目。そうなると、若干タバコの煙を敬遠するようになってきた。

そんなところに、酸味バリエーションのスタバなので非常にありがたい。

欲をいえば、容量半分の販売をしてくれると嬉しい今日この頃です。

 

スタバのHPです。

http://www.starbucks.co.jp/beans/reserve/4524785309944/

 

 

 

久しぶりに箱根湯本の温泉でちょい休め

2015年の春先に来て以来だ。仕事では年2~3回は来ているのだが、現地でのミーティングを終えると後ろ髪引かれながら帰宅する他なかった。しかーし。思い切って宿をとってみた。

前日に旅行サイトをのぞいたのだが駅近隣は空きはないし、箱根ってすごく宿代が張るのだと改めて実感。悩んだ末に奥湯本の外れのホテルに、その名もホテルおくゆもと。いわゆる温泉旅館ホテルです。日本の観光業界の斜陽の時代が長かったせいで、どこも設備投資が厳しい。時折倒産したホテルなんかを見ると大変なんだな、と。だからいきなり外人が来ても厳しい経費と高い宿泊費のバランスで辛口コメントもちらほらだ。もちろん概ねOK評価だし、高評価も多いが。。それにしてめ早咲きの河津桜が綺麗でした。

f:id:shimizunomukai:20170219122906j:image

と、今回は現地での打ち合わせ後、ホテルにチェックイン。

手持ちの現金が数千円だったので箱根湯本駅まで戻ってコンビニで買い出し。せっかくなので、戻りがてら日帰り温泉でものぞいていくかとググったら、あらま、2015年に立ち寄った日帰り温泉が今日のホテルのお隣というオチでした。

でもってタクってその日帰り温泉「天山湯治郷」へ、そうそうこの玄関。こちらは他にも別棟があり、そちらの方が眺めがいいです。

f:id:shimizunomukai:20170219122854j:image

しかも今日のホテルは予約以外のレストランが営業していないとのこと、旅行サイトにクレーム入れたくなって来たところをぐっと我慢して、お隣の日帰り温泉のレストランで温泉&食事をとってホテルへと戻りました。

f:id:shimizunomukai:20170219123016j:image

f:id:shimizunomukai:20170219123021j:image

f:id:shimizunomukai:20170219123040j:image 

ホテルに関しては残念ながら写真を撮るような感じでなかったので場所情報のみ載せておきます。 

 まずは宿の隣の日帰り温泉「天山湯治郷」、

 

今回の宿「ホテルおくゆもと」

www.okuyumoto.co.jp